法律が憲法違反かどうか争う

憲法は、自らを日本の最高法規であると規定しています。したがって、これに違反することは効力がないこととなります。特に、三権分立の視点からすると、立法をする国会と司法の関係は、憲法違反の法律がないかどうかを司法が審理することです。これは違憲立法審査権という司法の権限です。実際に違憲立法であるという裁判例もあります。憲法は、国民の基本的人権を規定しています。この人権が侵されるような法律に司法が判断を下すのが違憲立法審査であり、個々の事件を審査する時も、常に憲法に適っているかも考えながら判決をだすことが求められています。

裁判とは揉め事を解決する方法

裁判とは法律に基づいて様々な事件や揉め事を解決する事です。事件性のあるものだと検察官と弁護人の言い分を聞き、地裁のスタッフが判断します。その他の揉め事だとお互いの弁護士の言い分を聞いて地裁のスタッフが判断します。地裁のスタッフが下した判決に納得が行かない場合には高裁や最高裁などの上級裁に再度判断してもらうことも可能です。全てが法律に基づいて動いています。費用ですが、一般的には認められなかった方が全ての費用を捻出することになります。支払い方法は事前に検察官や弁護士によく確認しないと大変な事になります。

↑PAGE TOP