相続で弁護士は欠かせない存在

相続の手続きにおいて弁護士の存在は大きな助けとなります。特に遺産分割では、分割する事が難しい遺産がある、生活支援など特別受益を受けていた、あるいは特別な寄与があったなど、家族同士でも争いとなる事が多く、家庭裁判所での調停や審判などに発展するケースもあります。そうした状況において弁護士は、遺産分割協議に参加し法律的な説明から分割交渉、調停や審判に同席するなど、多くの場面でサポートをしてくれる存在であるため、相続の手続きでは欠かせない存在と言えます。

↑PAGE TOP